<保険金支払事例>
「SNS上で誹謗中傷されています。記事を削除し、
投稿した相手に慰謝料を請求したい!」

「弁護士保険コモン」に加入しているBさんは、インターネット上のSNSにおいて事実無根の記事により誹謗中傷されました。先ずはいち早くその記事を削除したいと思っています。また記事を投稿した相手が特定できるなら慰謝料を請求できないかと考えています。

  • 初期対応

    付帯サービスの「ネットストーカーヘルプナビ」で探した弁護士に無料相談(20分)し、初動対応および今後想定される法的手続き等について助言を受けました。

    かかった費用

    無料

  • 法律相談

    弁護士へ誹謗中書記事の具体的な内容や開始時期・頻度などを説明したところ、SNS管理者に対する記事削除請求ならびにプロバイダーに対する発信者情報開示請求の提案を受けました。

    かかった費用

    法律相談料
    10,800円

  • 事件委任

    弁護士に事件委任し、記事削除請求ならびに発信者情報開示請求手続きを行ったところ、SNSにおける誹謗中傷記事が削除されました。加えて発信者情報開示請求により記事を投稿した相手を特定することに成功しました。相手に慰謝料請求を行ったところ、30万円の慰謝料が支払われました。

    かかった費用

    着手金
    108,000円

    報酬金
    108,000円

※記載の弁護士費用は一般的な計算例であり、実際の弁護士費用は各々の案件や弁護士により異なります。


SUCCESS!

誹謗中傷記事が削除され、記事投稿者より
慰謝料30万円を支払ってもらうことに成功!

保険金支払額 162,000円
※弁護士保険コモンのステイタスプラン・免責金額ゼロ特約付加

もし泣き寝入りしていたら・・・


OOPS!

記事は削除されず、Bさんの名誉は傷つけられたまま・・・

>>【事案別】保険金支払事例(一覧)に戻る

PAGETOP