<保険金支払事例>
「賃借人が原状回復費用を一切負担してくれない! 」

「弁護士保険コモンBiz」に加入しているD不動産株式会社は、事務所ビルを貸しているテナント企業に対し撤去する際の原状回復費用80万円を請求したところ、リノベーションにより付加価値が高くなったため原状回復は不要であるとして一切の原状回復費用を支払ってくれませんでした。止む無く保証金から差し引いたところテナント企業から返還の請求を受けてしまいました。

  • 初期対応

    付帯サービスの「弁護士検索サポート」で探した弁護士に無料相談(20分)し、初動対応および今後想定される法的手続き等について助言を受けました。

    かかった費用

    無料

  • 法律相談

    弁護士に具体的な契約内容やリノベーション工事の経緯・相手方の主張などを説明の上、具体的な対応方法について相談したところ、弁護士より内容証明郵便の送付提案を受けました。

    かかった費用

    法律相談料
    10,800円

  • 事件委任

    弁護士に事件委任し、不動産賃貸契約書に従って原状回復費用が正当な費用であることを記載した内容証明郵便を送付したところ、テナント企業より原状回復費用80万円の支払を受け入れる旨の連絡があり、無事解決しました。

    かかった費用

    着手金
    108,000円

    報酬金
    108,000円

※記載の弁護士費用は一般的な計算例であり、実際の弁護士費用は各々の案件や弁護士により異なります。


SUCCESS!

原状回復費用80万円の返還請求を退けることに成功!
保険金支払額 89,200円
※弁護士保険コモンBizのプレミアムプランの場合

もし泣き寝入りしていたら・・・


OOPS!

交渉に失敗して原状回復費用を返還することになっていたかも・・・

>>【事案別】保険金支払事例(一覧)に戻る

PAGETOP