弁護士による債権回収 | エール少額短期保険株式会社

弁護士による債権回収

「取引先が代金を払ってくれない」
このようなトラブルは、弁護士に相談することがおすすめです。依頼することで回収率が上がることはもちろん、手続きにかかる時間や精神的負担が軽減されます。但し、その反面「馴染みが薄いので気が引ける」「どのくらいお金がかかるのか」といった不安要素があるのも確かです。

1.債権回収を弁護士に依頼するメリット

債権回収を弁護士に依頼した場合と、自社で対応した場合の違いを表にしてみました。

弁護士に依頼 自社で対応
知識 手続きの進め方や書類の準備等、すべて法律のプロである弁護士に任せることができます。 法律に詳しい担当者がいない場合、どのように動くべきか判断がつきません。
交渉 弁護士名義の内容証明郵便、裁判外の交渉、また訴訟における経験により、円滑に交渉を進めることができます。 裁判外の交渉自体の経験が乏しいことに加え、一般的に裁判の経験も無いため、裁判結果から逆算した交渉をすることができません。
手間 弁護士が法務作業を実施するので、手続きにかかる時間は軽減されます。 書類の準備や申請の手続きにかかる時間がとられます。
費用 着手金、報酬金等の弁護士費用がかかります。 費用は掛かりません。
但し、債権を回収できる可能性は低くなり、かなりの時間を費やすことになります。

このように、債権回収を弁護士に依頼するメリットは
回収をより確実に、よりスピーディーに実行できる
準備や手続きに時間がとられず、本業に集中できる
といったことが挙げられます。

2.債権回収を弁護士に依頼するデメリット

費用がかかる
最大のデメリットはある程度の費用がかかることです。また、債権回収においては相手方が債権の支払いに応じない場合、「内容証明郵便」「裁判外の交渉」「訴訟」「強制執行」といった流れで委任を継続させる必要があります。この場合、各段階ごとで着手金が発生するため、長引けば長引くほど弁護士費用も高くなります。

債権回収の仕方次第では、取引先との関係が修復できなくなるといったデメリットもありますが、基本的に費用を許容できるのであれば、弁護士を利用するべきだといえます。

3.債権回収の流れ

<事例>
自社サイトを見て電話で問い合わせをしてきた新規の取引先。大手企業との取引実績もあることから仕事を受けることに。幾度も会議を重ね仕様を確定させ合意をしていたが、納品の段階になってイメージと違うとクレームをつけ、代金を払わない。
損害額は総額2,000万円に…。

内容証明郵便を送付するケース

  • お問合わせ

    ・債権回収に詳しい弁護士へお問い合わせ

  • 相談

    ・より詳しい内容を伺うため法律相談へ。

    ・法律相談料:¥5,000/30min.

  • 内容証明郵便

    ・内容証明郵便を送付し債権回収を実施。状況に応じて弁護士名義、違約金や損害金の内容を記載。

    ・手数料 ~5万円程度

    ・その他費用:印紙代,郵送費,交通費,謄写代等

    ・弁護士によって報酬金が発生する場合もあります。また別途着手金が発生する場合もあります。

示談交渉をするケース

  • お問合わせ

    ・債権回収に詳しい弁護士へお問い合わせ

  • 相談

    ・より詳しい内容を伺うため法律相談へ。

    ・法律相談料:¥5,000/30min.

  • 示談交渉

    ・当事者間での解決が難しい場合、弁護士を介入した示談交渉で委任契約を締結します。

    ・着手金= 54.5万円

    ・報酬金「2000万円全額を回収できた場合」= 109万円

    ・その他費用:印紙代,郵送費,交通費,謄写代等

訴訟を提起するケース

  • お問合わせ

    ・債権回収に詳しい弁護士へお問い合わせ

  • 相談

    ・より詳しい内容を伺うため法律相談へ。

    ・法律相談料:¥5,000/30min.

  • 訴訟

    ・示談や調停での解決が難しいケースは、訴訟を提起するという内容で委任契約を締結します。

    ・着手金= 109万円

    ・報酬金「2000万円全額を回収できた場合」= 218万円

    ・その他費用:印紙代,郵送費,交通費,謄写代等

訴訟後未払いからの強制執行となったケース

  • お問合わせ

    ・債権回収に詳しい弁護士へお問い合わせ

  • 相談

    ・より詳しい内容を伺うため法律相談へ。

    ・法律相談料:¥5,000/30min.

  • 訴訟

    ・示談や調停での解決が難しいケースは、訴訟を提起するという内容で委任契約を締結します。

    ・着手金= 109万円

    ・報酬金「2000万円全額を回収できた場合」= 218万円

    ・その他費用:印紙代,郵送費,交通費,謄写代等

  • 強制執行

    ・勝訴した場合でも相手方が債権の支払いに応じないケースがあります。その際は債権回収の強制執行を裁判所に申し立てます。

    ・着手金=36.3万円

    ・報酬金「2000万円を回収できた場合」= 54.5万円

    ・その他費用:印紙代,郵送費,交通費,謄写代等

4.弁護士保険コモンBizを利用するメリット

弁護士保険コモンBizは「弁護士への委任は敷居が高い」「委任するとお金がかかってしまう」そういった不安を解消し、気軽に弁護士を利用できるための商品となっています。

1)弁護士へ気軽に相談できる「付帯サービスの設置」
→専用の窓口へお問合せいただくことで、トラブル内容に応じた弁護士探しのサポートや、取引先やお客様とのトラブルに関する初期対応を弁護士に直接電話で相談できるサービスが無料で利用できます。

2)弁護士費用が補償される
→弁護士への法律相談料を実費補償、委任した際に発生する着手金を一部補償します。

「弁護士保険コモンBiz」では、専用窓口へお気軽にご連絡いただくだけで、債権回収に詳しい弁護士の情報を提供し、その弁護士へ依頼した際に発生する弁護士費用も補償します。詳しくは下記のバナーより専用ページをご参照ください。

この記事の監修者

弁護士 香川 希理(かがわきり)

香川総合法律事務所代表弁護士。
マンション管理士・管理業務主任者等の資格を保有。
主な取扱分野は不動産関係、コンプライアンス関係(反社会的勢力対応、不当要求対応等)。
著書に「企業による暴力団排除の実践(商事法務)」、「民事介入暴力対策マニュアル第5版(ぎょうせい)」。

>>コラム一覧に戻る

PAGETOP