保険金支払事例【個人型】

SNS上で誹謗中傷されています。記事を削除し、 投稿した相手に慰謝料を請求したい!

「弁護士保険コモン+」に加入しているタレントのCさんは、インターネット上のSNSにおいて事実無根の書き込みにより誹謗中傷されました。タレント業にも影響がでており早くその記事を削除するとともに、記事を投稿した相手に損害賠償を請求できないかと考えています。

対応フロー

  • 初期対応

    付帯サービスの「ネットストーカーヘルプナビ」で探した弁護士に無料相談(20分)し、初動対応および今後想定される法的手続き等について助言を受けました。

    弁護士費用
    • 無料相談
      0円
  • 法律相談

    弁護士へ誹謗中傷記事の具体的な内容や開始時期・頻度・業務への影響などを説明したところ、SNS管理者に対する記事削除請求ならびにプロバイダーに対する発信者情報開示請求の提案を受けました。

    弁護士費用
    • 法律相談料
      33,000円
  • 事件委任

    弁護士に事件委任し、記事削除請求ならびに発信者情報開示請求手続きを行ったところ、SNSにおける誹謗中傷記事が削除されました。加えて発信者情報開示請求により記事を投稿した相手を特定することに成功しました。相手に損害賠償請求訴訟を行ったところ、300万円の損害賠償金が支払われました。

    弁護士費用
    • 着手金対応分
      264,000円

      報酬金対応分
      528,000円

弁護士に対応を依頼するまでの費用:
82.5万円

各プランの保険金受取額

図を拡大する

免責金額ゼロ特約を付帯した場合の事例となります。

プランによって1事案当たりの限度額は異なります。
<ステイタス+:300万円まで、レギュラー+:100万円まで、ライト+:30万円まで>