弁護士保険を比較する際のポイント Comparison point

弁護士保険が世間から注目を集める中、インターネットに掲載されている情報がまだ少ない状況です。今回は弁護士保険を検討中で
「弁護士保険に加入したいけど、何を基準に選べばいいの?」
「自分に合うのはどんな弁護士保険なの?」
といった疑問を持たれている方に対し、弁護士保険を比較する際のポイントや当社商品である「コモン+」の特長についてご案内します。

弁護士保険の比較ポイント

弁護士保険の加入に際し、保険商品を比較するうえで重要となるポイントを3つご紹介します。

手ごろな保険料であるか

高額な弁護士費用に備えるとはいえ、保険料の負担は可能な限り抑えたいところです。「まずはお試しで加入してみたい」ということであれば、月々1,000~2,000円程度(個人向け)の保険料で加入できる弁護士保険が良いでしょう。 また、保険料の安い弁護士保険に加入する場合でも補償内容や付帯サービスなどを比べて、万が一トラブルが発生した際に満足のいく補償が受けられるかどうかをチェックしておくこともおすすめです。

補償内容が自分に合っているか

加入する弁護士保険の補償内容が自分に合っているかを確認することが大切です。まずは自身の生活でどの程度の法的リスクが潜んでいるかをチェックしておきましょう。

  1. 会社経営者や役員の方であれば...

    法的トラブルが原因で会社としての信用や取引先との関係が失われ、社会的地位を脅かす事態に。

  2. 不動産購入を検討しているなら...

    契約上のトラブルや居住後の近隣問題(騒音や嫌がらせなど)で生活が崩壊。

  3. 子どもの進学を控えているなら...

    進学先でこどもがいじめに遭い、不登校の末に自殺してしまう。

  4. 夫婦仲に不安があるなら...

    離婚を成立させるために弁護士の力が必要になるかも。

  5. 親が65歳を過ぎ高齢者となったなら...

    介護問題や相続トラブルで親族と揉めてしまう。

  6. SNSで有名になりつつあるなら...

    フォロワーからの誹謗中傷や嫌がらせに対して、法的な手続きを取ることに。

  7. これから就職・転職・転勤をするなら...

    勤務先でのパワハラやセクハラ、社員からの嫌がらせや残業代未払いといった労働問題に直面。

上記の様なトラブルがどの程度想定されるかによって、補償の範囲を決めていくことがポイントとなります。また弁護士保険では補償される弁護士費用の種類や補償割合が商品によって異なるため、法的トラブルに対してどの程度の補償を望むかといった点も重要になります。

無料の弁護士サービスは充実しているか

弁護士保険では、弁護士費用を補償する保険の内容とは別に無料で使える弁護士サービスが提供されています。そのサービス内容が自身に合っているかを確認することも大切です。例えば、
「直接弁護士に電話で初期相談がしたい」
「何かあったとき、そのトラブルに詳しい弁護士を探したい」
「転職先でパワハラがあった時、専門の弁護士に初動対応を相談したい」
「子どもがいじめにあったとき、詳しい弁護士の意見を聞きたい」
といった、「もしトラブルが発生した際に、どの範囲まで無料相談ができるか」については、非常に重要なポイントとなります。

「コモン+」はこんな人におすすめ

まずは安い保険料で弁護士保険を試してみたい

当社の弁護士保険の保険料は事業型で月々11,800円から、個人型で月々1,080円からご加入いただけます。「まずは弁護士保険をお試しで使ってみたい」といった方であれば、安いプランからスタートしてみてはいかがでしょうか。

幅広いプランから自分に合った弁護士保険を選びたい

コモン+ではお客様ご自身に降りかかる法的リスクの度合いに応じて補償が選べるよう、事業型と個人型でそれぞれ3つのプランをご用意しています。

無料で使えるサービスの多い弁護士保険にしたい

コモン+ではお客様に無料でご利用いただける多くの安心サポートをご用意しています。「弁護士直通ダイヤル」や「弁護士検索サポート」などの汎用的なトラブルに対応したものや、「ハラスメントヘルプナビ」や「子どものいじめヘルプナビ」などのトラブルに特化したサービスがご利用可能です。

「コモン+」の評価や口コミ

「コモン+」はご契約者や専門家である弁護士など、多くの方からご好評をいただいております。

ご愛用いただいているお客様の声

これまでのテレビ・新聞等での掲載実績

  • フジテレビ

    • 「バイキング いじめ保険」
  • フジテレビ

    • 「Live News it! いじめ保険」
  • 日本テレビ

    • 「スッキリ 弁護士保険コモンLite」
  • 毎日新聞

    • 「注目集める『いじめ保険』 被害者を弁護士がサポート」
  • 毎日放送

    • 「ちちんぷいぷい いじめ保険」
  • テレビ朝日

    • 「スーパーJチャンネル いじめ保険」
  • NHKクローズアップ現代+

    • 「暴言に土下座!深刻化するカスタマーハラスメント」
    • 「モンスターヘルプナビ付弁護士保険コモンBiz」
  • テレビ朝日

    • 年末特番「池上彰が総ざらい 今年のニュースがわかる平成30年間 の日本」
    • 「ハラスメントヘルプナビ付弁護士保険コモン」
  • 日本経済新聞 朝刊

    • 「ハラスメント、保険で備え」
  • 日本経済新聞 夕刊

    • 「ハラスメント保険6割増 個人向けの登場」
  • 日本経済新聞 朝刊

    • 「学んでお得 弁護士保険 頼もしく」

専門家である弁護士の意見

「弁護士を気軽に利用できる
安心感がポイントです」

親和法律事務所 明石法彦 先生

子どもへのいじめ、離婚、相続あるいは交通事故など、予期せぬトラブルに巻き込まれて弁護士に相談したいということは、実はかなりの割合で起こっています。周りでトラブルに遭っている方を見たこともあるでしょう。そんなとき、「弁護士を知らない」「費用が心配だ」などという理由から、自分で対応して不利な結果なることがあります。病気と同じで、トラブルも初期対応が大切です。いざというとき、気軽に相談できる弁護士がいたらいいなと思いながらも、自分にトラブルが降りかかってくることは、なかなか想像できないため何らの手を 打っていないことがほとんどです。「備えあれば患いなし」と昔から言われます。月々の掛金で安心を買う保険をお勧めします。

「泣き寝入りしないためにも、
加入しておいた方がいいですね 」

香川総合法律事務所 香川希理 先生

一般の方はトラブルに巻き込まれて、「やれ裁判だ、やれ損害賠償だ」となっても、どのように対処していいか分からない方が多いと思います。何となく弁護士に相談した方がいいとは思っても、「どうせお金がかかるのではないか」といったイメージから相談にまでは至らず、泣き寝入りしてしまう方も少なくありません。
この点、弁護士保険に加入しておけば、万が一トラブルに巻き込まれても弁護士費用が補償されるので、お金に関する不安が解消され、気軽に弁護士を利用できるようになります。特にライフプランの変わり目、例えば就職・転職・転勤や結婚・出産などはトラブルが多く、そのタイミングで加入を検討するのもいいでしょう。