弁護士保険コラム Column

【事業者向け】弁護士による従業員支援プログラム(EAP)

【事業者向け】弁護士による従業員支援プログラム(EAP)

従業員の福利厚生として、法律相談サービスが注目されています。

近年、うつ病や心の病が原因で、休業や自殺等に追い込まれる方が非常に増えており、企業にとって「従業員のメンタルケア」は重要な課題となっています。

その対策として、心療内科医・産業医・カウンセラーとの提携を行っている企業は数多くありますが、あくまで精神面での支援であり、相手方との交渉が必要な法的トラブルのケースでは、残念ながら根本的な解決策とは言えません。

そこで注目されているのが、弁護士による従業員支援プログラム(EAP)です。

福利厚生を充実させるための、弁護士によるEAP。

EAPとは、「employee assistance program」の略で、従業員支援プログラムと訳されています。元々は心療内科やカウンセラーと連携したメンタルヘルスケアが中心となっていたものですが、近年は「弁護士によるEAP」が注目されています。

「弁護士によるEAP」とは、従業員向けの法律相談窓口を常設することにより、従業員の抱える様々な問題の解決の促進を図るものです。(参照:一般社団法人 弁護士EAP協会)

従業員の法的トラブルを解決することは、生産性の向上に。

従業員の法的トラブルを解決することは、生産性の向上に繋がります。

例えば、うつ病の原因として「家庭問題」「経済問題」「男女問題」等が挙げられますが、これらの問題は、法律相談を行うことで解決できるケースも非常に多いと言われています。

メンタルケアの一環として、従業員の法的トラブルを解決することは、従業員の休業や自殺等を未然に防ぐことに繋がります。それはつまり、従業員が仕事に集中することができ、生産性の向上に繋がります。



従業員の法的トラブル例

離婚トラブル 配偶者の不倫が発覚し、離婚を決意するも
周りの意見を参考にするたびに話が拗れ、泥沼化に…

ストレスで心身を病み、まともに働けなくなり、
ついには退職することに…
子どものいじめ 学校で子どもがいじめに遭い、
精神的に追い詰められ、とうとう不登校に…

精神科での治療・通院を余儀なくされ、
その都度、同伴で会社を休むことに…
交通事故 休日ドライブで、交通事故に遭い、
車いす生活に…

加害者や保険会社の対応があまりにひどく、
精神的にも病んでしまった…
近隣トラブル 隣の部屋からの音楽がうるさく、
睡眠障害や慢性頭痛が続き、うつ病に…

会社も休みがちになってしまい、
とうとう退職することに…
悪徳商法被害 身に覚えのない教材等が届き、
代金の支払いを求める電話が
執拗にかかってくるようになった…

業務に全く集中できず、
大きなミスをしてしまった…
SNS被害 SNSにおいて事実無根の書き込みをされ、
そこから更に炎上騒ぎになってしまった…

精神的に追い込まれ、
心療内科に通院するも回復せず、
ついには退職することに…

弁護士によるEAPサービス

弁護士によるEAPサービスは、企業が従業員に対する福利厚生などとして導入するものであり、例えば、導入企業の従業員・関係者であれば、職場外のプライベートな悩みについて、無料(ないし一般的な料金よりも低額)で弁護士の法的カウンセリングを受けられるというのが、代表的なサービスの一つです。

弁護士によるEAPサービスに少しでもご興味のある方や、詳しいことが知りたい方は、是非こちら(一般社団法人 弁護士EAP協会))をご確認ください。


bannere


監修弁護士

下迫田 浩司

弁護士

堺オリーブ法律事務所 代表弁護士
大阪弁護士会所属

一般社団法人 弁護士EAP協会 理事

■注力分野
EAP(従業員支援プログラム)により、従業員のプライベートの問題(離婚、子ども・学校、借金、相続、事故など)を解決すること

こちらの記事も読まれています

コラム一覧へ

弁護士保険とは

         

【個人型】弁護士保険の資料請求・お申込み